井出進学塾の入試対策講座を再現した・・・

家でもできる+α(アルファ)の

静岡県 公立高校入試 対策講座

毎年、通いたいけど遠くてなかなか、という声をいただいております。

 

また、お通いの塾の対策だけでは不安な方もこのページをお読みください。

  

入試対策。しっかりできていますか?

初めまして。

井出進学塾・塾長の井出と申します。

 

3年生のみなさんは、受験対策に取り組まれていることと思います。

 

 

でも・・・


入試問題の「範囲」は広いです。

中学で勉強した全内容が範囲となります。

定期テストとは、別物です。

 

しかも範囲が広いだけでなく…

「1学年学調」→「2学年学調」→「3学年第1回学調」→「3学年第2回学調」→「入試」

と、難易度もどんどん上がっていきます。

 

それだけではありません。

アクティブラーニングって、聞いたことありますよね?

アクティブラーニングというと発表や議論を重視するということばかり注目されますが、

それだけではありません。

 

より現実に即した(現実的に使える)内容を勉強するというのが、アクティブラーニングの重要な一側面です。

 

定期テストなどではあまり見ないような、いわゆる「応用問題」が多数出題されます。

これは数年後に控(ひか)えた「大学入試制度改革」の影響も大きく受けています。

これらの問題は「新傾向」「新学力観」などの名前で呼ばれる問題のことです。

 

ですから勉強していても・・・

「ここ、でるのかな?」

 

「こういう勉強で意味あるのかな?」

 

そういう不安がつのりますよね。


残念ながらそれは本当です。しかし・・・

解決策はあります!!

それは、勉強へのとりくみ方を変えることです。

受け身の勉強ではなく、主体的な勉強へ。

形ではなく心がまえの問題です。

 

「なんだ、そんなことか。そんなこと、どこでも言ってるよ。」という声が聞こえてきそうですね。

 

もっともだと思います。

それでは、もっと具体的に言いましょう。

 入試テスト問題のような対策で必要なことは‥‥

出題者の意図を理解することです

問題をつくっている人が、1つ1つの問題を生徒さんのどのような能力を試したくて出題しているのか?

それさえわかれば、自分にとって効率的な勉強法がみえてきます。

 

よく言われていますよね、「誰かに教えてみれば、自分の理解も深まる。」

教える立場、出題者の側から問題がみられるようになることが大切です。

 

でも、そんなことできるのか?

 

できますよ。

この講座で提供するものは、まず一つめとして

1年分1教科平均35ページの圧倒的な解説量の

「入試テスト過去問解説マニュアル」

昨年度までの5教科×4年分の充実した過去問分析!!です。

もともと井出進学塾のスタッフ講師が、それをみながら生徒さんに過去問の見直しを指導できるようにつくられた資料です。

 

井出進学塾の入試対策はわかりやすいと評判で、多くの実績を残しています。

 

生徒さんからみても、わかりやすい説明がのっているということです。

 

それだけではありません・・・


出題意図や問題の背景なども細かく分析しております。

 

これを「先生」を通さず自分で直接見ることで、より主体的な勉強ができることになります。

 

塾の講座の方でも、最近では主として生徒さんに自分でこれで勉強させる形をとっています。

「先生」を通すとどうしても省略してしまうところも出てきますし、何よりまず自分で考えてみることが大切だからです。講座では、わからないというところだけフォローするようにしております。

 

さらに、この講座で提供するものは・・・

・志望校に合わせた、解答の添削

「添削シート」をお付けします ご利用ください

※添削シート サンプル

入試の採点基準は、実は高校によってバラバラです。(例えばですが、富士高と富岳館の採点基準が同じですと、合格者の選別がむずかしくなります。)

 

また、記述問題や英作文、数学の証明問題など、自分で採点がむずかしいところは、こちらにお任せください。

 

志望校に合わせて添削いたします。



私たちは、中学生のみなさんに表面的な勉強でなく1つ1つをしっかり消化し、意味のある勉強をしてもらいたいと思い、このような講座を提供しております。

質問には、メールまたは動画データなどでお答えします。

メールで済むような簡単なものは、メールで何度も対応します。

また、過去問の勉強の結果を受けてその後どのように勉強していくかなどの相談にものらせていただきます。

 

また、必要なところでは5~10分程度の動画でもお答えします。

 

直接、塾までお越しいただくのが可能ならそこでお答えすることもできます。

井出進学塾がおくる

家でもできる入試対策講座

¥65,560(税込み価格)

内容:

1.4年分の入試過去問解説マニュアル(1教科平均35ページ、20教科分。全700ページ!!)

2.添削シート 24枚!

3.回数無制限のメール相談。

4.その他、各種のアフターフォロー!


けっこうなボリュームがあります。

計画的に1教科ずつこなしてください。あまり得点できなかったものは、期間を置いて解き直しましょう。

量が多いので、資料の管理や学習計画の管理など保護者様も手伝ってあげてください。(さすがに、700ページいきなり渡されて、これやっとけ、と言われても嫌になってしまうでしょうからね。)

学習計画の立て方なども、ご相談に応じます。

お申し込み・お問い合わせは下のフォームからお願いします。

必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。

メモ: * は入力必須項目です

1.代金引換配送・・・別途手数料(320円)が必要です。

初回教材の配送と引き換えになります。

 

2.銀行振り込み・・・手数料はお客様負担でお願いします。

入金確認後、3日以内に初回教材の配送手続きをいたします。

 

振込先:富士宮信用金庫 上井出支店 普通口座 0044940 イデマサホ

 

3.直接お支払・・・塾までお越しくださる前に、電話で連絡ください。

 上記フォームのメッセージ欄にご都合のいい時間帯と電話番号を入れて下されば、こちらから連絡します。

お問い合わせはこちらへ

講座の内容に関することなど、お気軽にお問い合わせください。

井出進学塾

 

電話:0544-54-3412

(毎日:午前9時~午後9時まで)


シェアも歓迎します。



長くなりますが補足です

「その他、各種のアフターフォロー!」 というのが、あいまいですよね。

 

正直に申します。まだはっきり決まっていません。

 

イメージしていることはあります。

 

近年、授業をしていて会心の解説ができたとき、生徒さんが

「先生、今の家で見直せるようにスマホにとっとくから、もう一度説明してよ。」

のようなことをそろそろいうようになってもおかしくはないな、と感じています。

(まだ、実際には一度もありません。)

 

私としては、そういうものもやぶさかではありません。

むしろ、重要な内容については

「あとで撮っといてアップしておくから、見直しておくように」

と、いうような形をとれるようにしたいくらいです。

 

それをやってみることにしました。

 

この講座に参加してくださったみなさんで共有できるページをつくり、

みんなで疑問や解答を共有していきましょう。

 

みなさんの協力も必要です。

ぜひ、積極的に疑問などをぶつけてください。

 

このように、講座に参加してくださったみなさん1人1人に充実したサービスを提供し、学調で絶対によい成果を出すつもりです。

そのため今回の講座は、申し訳ありませんが、先着10組のご家庭に限らせていただきます。

 

受験まであっという間です。お早めにお申し込みください。

 

お申し込みは下のフォームからお願いします。

必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。

メモ: * は入力必須項目です

1.代金引換配送・・・別途手数料(320円)が必要です。

初回教材の配送と引き換えになります。

 

2.銀行振り込み・・・手数料はお客様負担でお願いします。

入金確認後、3日以内に初回教材の配送手続きをいたします。

 

振込先:富士宮信用金庫 上井出支店 普通口座 0044940 イデマサホ

 

3.直接お支払・・・塾までお越しくださる前に、電話で連絡ください。

 上記フォームのメッセージ欄にご都合のいい時間帯と電話番号を入れて下されば、こちらから連絡します。

お問い合わせはこちらへ

講座の内容に関することなど、お気軽にお問い合わせください。

井出進学塾

 

電話:0544-54-3412

(毎日:午前9時~午後9時まで)



さらに長くなりますが補足です

最近の塾業界の傾向をみますと、わりとはっきりしています。

 

特に大手塾で、授業時間(正確に言うと拘束時間)がどんどん長くなっています。

中学1年生で、週3回3時間ずつの授業なんてところもあります。

 

これが需要にあっていることは確かです。

 

ほとんどの親御さんの、お子さんを通塾させる動機は、

「お子さんが、家でダラダラしているところをみたくない。」

・・・というのが根本にあるでしょう。

 

一方、お子さんとしてはこういう塾は、「社交の場」としての機能を十分に果たしています。

 

別にこのことにどうこう言うつもりはありません。

 

お互いの目的を果たしているし、こういう塾で成績を上げる生徒さんもいるでしょう。

 

ただ、私どもはこのようなものをめざしていません。

(もっとも、真似しようと思ってもできませんが・・・)

 

ですから、この講座は時代の流れとはあっていないものかもしれません。

 

なぜなら、親御さんの協力も必要だからです。

 

解説マニュアルは全部で700ページ近くあります。

 

いきなりお子さんに全部渡して読んでおけといっても、絶対無理ですよね。

勉強熱心でしっかりしているお子さんでも、きついでしょう。

 

どうか、親御さんの方で管理してください。

 

お子さんに予定を立てさせて、1教科ずつ過去問を自分でやってみてからこの解説資料をみせるようにしてください。(過去問をやるにしても、1回目は時間無制限でやる、点数とれないものは同じものを何回かやる、などの工夫も必要です。そういう相談もお受けします。)

 

またお子さんによっては、メール相談など積極的できない方もいらっしゃると思います。

ぜひそのような場合も、うまくフォローしてあげてください。