化学基礎 定期テスト対策

富士宮西高1年生「化学基礎」に合わせた補講サービス!!

次の定期テストに合わせ、お使いの問題集の解説や質問に対する解答を・・・

LINEを通して提供します。(メールやツイッターを通しての対応も可能です)

くわしいご案内と、お申込み・お問い合わせは、こちらをクリック

これらの解説は、主にユーチューブの限定公開動画で提供します。

計算問題の再生リストをサンプルとしてここにのせておきますので、参考にどうぞ。

対象を西高1年生にしぼってますので、お使いの問題集の問題などに完全に合わせて提供できます。

宿題や学校の授業で分からなかった問題にも対応できます。(そのためLINEなどを通したサービスとしています。みなさんからもどんどん情報をお寄せください。)

もう少しくわしい説明と、「化学基礎」導入部分の解説動画を下にみやすいようにまとめております。

こちらも参考にどうぞ。



富士高や富士宮西高のそばには、それぞれの学校の授業に合わせて英語や数学の専門塾などがあります。

それと同じように、富士宮西高1年生「化学基礎」に合わせた補講サービスを提供するというのが目的です。

理系教科は正しい考え方さえできれば、思っていたよりも簡単というところがたくさんあります。

井出進学塾はそのマンツーマン指導という特性から、特に高校生の理系科目で多くの人に劇的な成績アップを体験してもらっています。下の解説動画をごらんください。おそらくびっくりするくらい、よくわかりますよ。

近頃のネット回線の進歩により、このようなサービスの提供がやっとできるようになりました。

オンライン(ネット)を通したサービスです

月6,000円くらいの料金で次のテストに合わせ、個別の質問に対しLINE(メール)あるいは解説動画を撮りおろしてお答え(撮りおろした動画の一部は参加者で共有します)するサービスです。

また、とりくまれている単元の内容解説と学校でお使いの問題集の全問題の解説動画をLINEなどを通してお送りしています。オンラインなので通塾時間を省けるだけでなく、普通に塾で授業を受けるよりも多くの情報を得ることができます。しかも、解説動画は問題ごとに撮っています(下のサンプル動画をご覧ください)ので、むだな時間を使わずに済みます。

 

また、お子さんにスマホなどを無制限に使わせることに抵抗がある方は、親御さんのパソコンなどの端末を通して提供することもできます。

解説動画の一部をこちらで紹介します。

 

解説動画のレベルおよび指導方針など、こちらのページでご確認ください。


(※画像右下のボタンで、全画面表示できます。

また、もう一度見る場合は左下の「もう一度見るボタン」を押してください。パソコンでご覧の方は、カーソルキーの「←」ボタンで15秒巻き戻し、「→」ボタンで15秒早送りができます。)

第2章 物質と化学変化

注意)昔の問題集をみてつくっているので、問題番号などずれているかもしれません。

気づきましたら、ぜひ教えてください。

7 イオンの形成とイオン結合

1.陽イオンになりやすい原子・陰イオンになりやすい原子・イオンになりにくい原子を分類

〔Q42〕答えはすべて周期表にのっています。周期表は確実に覚え、その使い方を身につけましょう。

テストのときだけでなく、普段の勉強のときも、まずは自分で周期表をかいてみて、それを見ながら勉強するようにしましょう。(4分40秒)


2.電子配置とイオン化エネルギー・電子親和力(イオンになりやすさ)の関係

〔Q43〕イオンになりやすさは、電子配置にしっかり表れています。そして電子配置は、周期表からわかります。化学の勉強は、周期表の使い方の勉強から、と考えるといいですね。

電子親和力・イオン化エネルギーも電子配置との関係から解釈できます。(10分14秒)


3.多原子イオンのイオン式

〔Q44〕硝酸イオン、硫酸イオン、炭酸イオン、リン酸イオン、水酸化物イオン、アンモニウムイオン、のイオン式のつくり方です。

なぜ、その価数になるのか?

つっこんだところまで、くわしく解説しています。

知っておくと得な内容です。

(4分43秒)


4.イオンの組み合わせからできる物質の組成式と名称

〔Q45〕陰イオンと陽イオンの組み合わせでできる物質の組成式と名称をこたえる問題です。

価数をみて、電気がプラスマイナス0になるように調節すれば簡単です。

(5分29秒)


5.硝酸・硫酸のつくりと炭酸(?)について

「水素イオン」+「硝酸イオン」や「硫酸イオン」でそれぞれ「硝酸」、「硫酸」になります。

一方、「炭酸イオン」はありますが、実際「炭酸」はないということです。

「炭酸水素イオン(HCO₃⁻)」はあります。

こちらまで説明しておくべきでしたが、忘れていました。ここで捕捉します。(4分32秒)


8 共有結合

6.水H₂Oの電子式と構造式

〔例題9⑴〕原子の性質はその一番外側(最外郭)の電子の数に大きく関係します。それを表したものが「電子式」です。

各原子の「電子式」が、どうなるかも周期表からわかります。

化合物の中でも自分の周りの電子の数が、H原子だけは2、その他の原子は8、で安定になので、そうなるようにつくっていけば自然とつくれます。

なんだかすごいですよね。(4分10秒)


7.塩素Cl₂の電子式と構造式

〔例題9⑵〕

「イオン結合」では、とってとられておたがい8個。

「共有結合」では、共有しあっておたがい8個。

不思議なくらい、よくできた話ですね。

(1分09秒)


8.メタノールとエチレンの電子式と構造式

〔例題9⑶⑷〕(6分16秒)

 

 

 

9.メタン・エタノールなど基本的な有機物の名称と電子式・構造式

〔補足〕

メタン・エタノールなどを「有機物」といいます。名前と化学式を覚えるのが大変そうですが、有機物の名前には法則性があります。

「有機化合物」の章に入ってからでもいいのですが、知っておくと得なので、ここで紹介します。

(5分36秒)

 


10.塩化水素・アンモニア・酸素・フッ化水素の電子式・構造式

〔Q53〕(3分24秒)

 

 

 

 

 


11.電子式と電子対(共有電子対と非共有電子対)

〔Q54〕

二酸化炭素・硫化水素・窒素・水・メタン、の各分子の中から、⑴共有電子対と非共有電子対の数が等しい分子、⑵非共有電子対を持たない分子、⑶二重結合をもつ分子、をそれぞれ選択する問題です。

(9分03秒)


12.分子の形は電子式から判断できます

数が限られているので覚えれば済む話なのですが、納得したい人のためにお話しします。分子の形は電子式から判断できます。電子対が対等に、お互いなるべく離れるように配置されます。(ちゃんと模型など使って説明できればよかったのですが。それはまた別の機会に。)(6分00秒)


☆ 結晶の種類

解説をみればわかるような問題はとばしましたが、この章までの問題の解説はすべて公開する予定でしたので、リクエストがあれば応じます。下の問い合わせフォームからどうぞ。

13.結晶の種類(イオン結晶・金属結晶・共有結合による結晶・分子結晶)

〔Q69〕黒鉛・ドライアイス・硝酸銀・鉄・塩化カリウム・二酸化ケイ素・スクロース・ヨウ素・鉛・硫酸銅(Ⅱ)を、イオン結晶・金属結晶・共有結合による結晶・分子結晶に分類します。

共有結合と共有結合による結晶、あるいはこれらと分子結晶とのちがいをしっかり理解しておきましょう。

(4分20秒)



☆お知らせ

このような解説動画を中心とした「化学基礎」の補講サービスを提供しております。

くわしくはこちらをご覧ください。

次の章の計算問題の解説動画も、こちらのページでご覧いただけます。


お問い合わせ・お申し込みは こちらからも受け付けております

(「プライバシーポリシーに同意します」の項目にチャックを入れてから「送信」ボタンをクリックしてください)

メモ: * は入力必須項目です

直接、電話してもらっても大丈夫です。(tel:0544-54-3412 受付時間:午前9時~午後9時まで)

※できましたら面談もしたいので、遠方にお住まいでなければ保護者様同伴で、一度塾の方にお越しいただけるとよいかと思います。


☆入塾も受け付けております。くわしくは下記電話番号までお問い合わせください。