2次関数の関連発展問題(井出進学塾)

場合分けが必要な問題

取り扱い問題

こちらからダウンロードできます。

ダウンロード
場合分けが必要な問題(2次関数の最大・最小).pdf
PDFファイル 142.3 KB


解説動画まとめ

問1

文字係数を含む2次関数の最大・最小①(5分20秒)

問2

文字係数を含む2次関数の最大・最小②(5分35秒)


問3

『場合分け①』0≦x≦aのように区間の一端のみが動く場合の場合分け(9分39秒)

問4

『場合分け①』0≦x≦aのように区間の一端のみが動く場合の場合分け(16分08秒)


問5

『場合分け②』グラフ(軸)が動く場合の場合分け(15分23秒)

問6

『場合分け②』グラフ(軸)が動く場合の場合分け(19分06秒)


問7

『場合分け③』グラフ一定で、区間の両端が動く場合の場合分け(16分31秒)

問8

『場合分け③』グラフ一定で、区間の両端が動く場合の場合分け(12分56秒)


問9

『場合分け③』グラフ一定で、区間の両端が動く場合の場合分け(12分49秒)


問10⑴

変数が2つある2次関数の最大・最小(3分24秒)

問10⑵

変数が2つある2次関数の最大・最小(11分31秒)


問11

最大値・最小値から2次関数の係数決定(13分09秒)

問12

変数が2つある2次関数の最大・最小(条件式あり)(10分12秒)


問13⑴

変数が2つある2次関数の最大・最小(条件式なし)(3分27秒)

問13⑵

変数が2つある2次関数の最大・最小(条件式なし)(5分47秒)


問14

4次関数の最大・最小(5分26秒)

問15

4次関数の最大・最小(8分30秒)




シェア、歓迎します。